そもそも不妊とは?

一般的には赤ちゃんを望んでいるご夫婦で2年経過後も妊娠されない方を不妊と定義しています。

知識が広まった現在では、不妊の原因は女性と男性、半々の割合であるとわかっています。ですから、赤ちゃんを望まれる方は是非ご夫婦揃って相談にいらしてください。

不妊対策は夫婦二人三脚で


不妊の原因
男性因子


    ● 勃起障害・射精障害
    ● 尿道下裂
    ● 早漏・遺精・滑精
    ● 精のう炎・前立腺炎・精巣上体炎
    ● 免疫学的障害
    ● 突発性造精機能障害
    ● 高プロラクチン血症
    ● 染色体異常
    ● 閉塞、欠損などの精路通過障害

などなど・・・。

不妊原因~男性


女性因子


    ● 高プロラクチン血症
    ● 卵巣機能不全
    ● 排卵障害
    ● 子宮内膜症
    ● 子宮腺筋症
    ● 多のう胞性卵巣症候群(PCOS)
    ● 子宮筋腫
    ● 卵巣のう腫
    ● 黄体機能不全(LPD)
    ● 免疫素因
    ● 受精障害

などなど・・・。

不妊原因~女性


中医学で考える不妊

妊娠力新しい命を生み出す力は、ご夫婦の心身が健康ではじめて成り立つもの、まずは生殖・成長・発育の源である(じん)の力、 そして体中に栄養を行き渡らせエネルギーの源となる(けつ)(き)の力、のちからで妊娠力が決まってきます。

いずれかひとつの不調である場合もありますし、全ての力が今ひとつ、というケースも少なくありません。 中医学ではを正常な状態へ導き、トータルバランスを整えることで妊娠力アップを目指していきます。

結果「生理痛が治った」「便秘がなくなった」「生理前のイライラがなくなった」「冷えなくなった」「頭痛がなくなった」という嬉しい感想もよくいただきます。

自分の心身と向き合い、慈しむ、良い機会かも知れません。
楽しみながら、妊娠力アップを目指していきましょう!

腎・血・気のバランスが大事


どこが弱いかな?チェックしてみよう!

      □   冷え性である
      □   疲れやすい、だるくなりやすい
      □   生理不順である
      □   流産したことがある
      □   体温が35℃台で全体的に低い
      □   むくみやすい
      □   頻尿、夜間尿がある
腎が弱いかも

      □   顔色が悪い、どす黒い
      □   夜中によく目を覚ます、多夢
      □   生理痛が差すような痛みである
      □   肩こり、頭痛がある
      □   シミ・ソバカスが多い
      □   すぐあざになり、なかなか消えない
      □   内臓にポリープや腫瘍がある
血が弱いかも

      □   不正出血がある
      □   カーッとなったりイライラしやすい
      □   不安感があり寝つきが悪い
      □   ストレスの多い環境にいる
      □   エアコンに頼りすぎている
      □   もともと神経質なほうだ
      □   酸味が嫌いで高カロリー食が好き
気が弱いかも

中医学では周期法という方法で、女性のバイオリズムを整え、妊娠力アップを目指していきます。周期法について詳しくは次のページをご一読ください。

★周期法って何?★



▲ TOP


東京都町田市の漢方薬局、保元堂薬局です
〒194-0021
東京都町田市中町3-4-6
岩崎ビル1階
Tel/Fax:042-732-8870
営業時間:10:00~19:30
店休日:日曜日・祝祭日
保元堂薬局スタッフブログ




そもそもどんな風に妊娠するのでしょう。妊娠の仕組みを知っておくことも大切かもしれませんね。


妊娠の仕組み

排卵

卵子は胎児の時に作られます。誕生する時には一生の間排卵する卵子、約200万個が作られており、排卵するまで卵巣で眠っています。

妊娠のしくみ~排卵


卵管采、卵の取り込み

排卵された卵子は、卵管采へ取り込まれます。キャッチされた卵子は卵管に入り、卵管膨大部で精子がくるのを待ちます。

妊娠のしくみ~卵管采、卵の取り込み


射精

射精された精子は多くが膣内で死んでしまいます。運よく子宮頸管を通り、子宮腔へ泳ぎきった精子は、卵子の待つ卵管膨大部を目指します。

妊娠のしくみ~射精


受精

卵管膨大部で待っている卵子は透明帯という殻に覆われています。一番に辿り着いた精子は、透明帯を溶かす酵素を出しながら卵子の表面へ着きます。最初の精子が透明帯を通過すると、透明帯に変化が起きて他の精子はシャットアウトされます。

妊娠のしくみ~受精


着床

受精後、精子と卵子の染色体があわさり、数時間後には2つの細胞になり、そして、4細胞→8細胞と分裂を繰り返し、成長しながら卵管内を移動します。受精後5日ほどすると胚盤胞(はいばんほう)となり、更に数日かけて着床の準備をしていた子宮内膜の上皮細胞に着床します。

子宮は着床の準備を排卵後にいつも行っています。もし受精も着床もなかった場合には厚くなった子宮内膜は剥がれ体外へ排出されます。これが生理です。

妊娠のしくみ~受精卵は分裂しながら子宮腔へ、そして着床




最近はセックスレスと思われるご相談も多くなっています。

「仕事が忙しくて」「ロマンチックな気分になれなくて」また不妊治療をはじめてから、パートナーのどちらかがプレッシャーを感じたり、気分が落ち込んだり、ドン引きしたりして帰宅できない、といったケースも多々あります。

妊娠を望むなら、ご夫婦仲良くが一番の近道です♪

パートナーを愛しむこと、パートナーと二人三脚で、という気持ちを大切に過ごしましょう。